スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LEFT 4 DEAD 2 Crash Course攻略

1000px-Crash_Course.jpg


先日配信されたL4D2のDLC「Cold Stream」のステージの一つ「Crash Course」のco-op攻略について書いていこうかと思います。
※あくまで自分が見たり行っている方法について書いているので、こういう方法もあるんだな~程度に読んでくだされば幸いです。



Crash CourseはChapter1「The Alleys(路地)」とFinale「Truck Depot(トラック置き場)」の2つのChapterしかなく、最後トラック置き場までは特に難所もないので今回配信されたDLCの中では比較的簡単なマップです。

ただ、分かれ道になっている場所が多くあるので気をつけておかないと簡単にダウンさせられてしまうステージでもあるので注意が必要です。



Chapter1「The Alleys(路地)」

上にも書きましたが分かれ道の多いステージなので4人で同じ道を行くのが無難です。途中Boomerの胆汁も落ちているので各部屋などをくまなく回りつつ進みたいですが、仲間とはぐれて長い間離れた場所に居るのは避けたいところです。あとマグナムも所々に落ちているので誰か一人でも持っているとよいかもしれません。リアリズムではショットガン/マグナムの組み合わせは非常に強力ですし、ラッシュイベントでも結構使えます。


DVC00361.jpg
Chapterの終盤にあるクレッシェンドイベント(橋の手前にある障害物を砲撃で破壊する所)は画像の赤く囲った位置で篭るのがお勧めです。ここなら特殊感染者にさえ気をつけておけば通常感染者は登るまで時間がかかるので楽にやり過ごせます。特にSpitterの酸は棚の上までダメージがくることがあるので注意が必要です。



Finale「Truck Depot(トラック置き場)」

このステージは最後のラッシュイベントまでの距離が結構あるのでそれまでに体力を極力減らさないように進みたいところです。


DVC00362.jpg
リアリズムでは使えませんがトラック置き場の奥にある物置部屋のような場所は復活ポイントになっているので、体力が少ないときは仲間に殺してもらうのも手かもしれません。ただラッシュが始まってしまったら復活できないのと、一度あけてしまうと復活できないかもしれないので注意です。


DVC00363.jpg
L4D2のFinaleでは高いところで通常感染者がやって来にくく特殊をいち早く発見できる場所が篭るのによい場所です。Crash Courseでいうと物置部屋の上、ジェネレーター前の吹き抜け2階部分、バスの上の3つのどれかになると思いますが、物置部屋の上はそのさらに上の窓からゾンビが降ってくる、二階部分は一度落ちてしまうと簡単に登ってこれない上フェンス外からSmokerに釣られてしまったりもするので一番バスの上が良いのではないかと思われます。通常感染者が登ってくるところを押さえつつ特殊にも気を配っていなければならないので大変ではありますがこの3つの中では1番大惨事にはなりにくい場所です。




ラッシュイベントの流れは

ラッシュ(約一分半)
  ↓
タンク
  ↓
ラッシュ(約一分半)※
  ↓
タンク※
  ↓
脱出(車が下りて中に逃げ込む)

こんな感じです。※印のある部分で一度ジェネレーターがストップするので再起動させないといけません。再起動のタイミングはラッシュの場合はラッシュが終わってから。タンクの時は仲間がタンクをひきつけてくれてるときに行ったらよいかと思います。

タンク用にポリタンクや火炎瓶を残しておきたいところですが、ラッシュを凌ぐのが大変なのとあまり投擲物も落ちていないのでラッシュ時に危険だなと思ったらどんどん使ってよいかと思われます。タンクが来るまでに2,3人倒れた状態だと悲惨ですからねw



とりあえず要所要所のポイントはこんなところです。今回はCrash Courseの攻略について書きましたが、近いうちに他のDLCマップの攻略も書けたらなと思っています。


(追記)
エキスパで何回かやったところ奥の倉庫の上も位置取りさえ気をつけていればかなり有効な場所でした。
窓からゾンビが降ってくるのでなるべくタレット側の壁際にかたまっていると上手い具合にいくことが多かったです。



テーマ: Xbox360 | ジャンル: ゲーム
minecraft雑記11:イカトラップ | Home | minecraft雑記10:図書館

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。